TECHNICAL INTERN

外国人技能実習生

外国人技能実習生についてのご説明です

日本では、人材育成を目的に外国人技能実習制度が運用されています。

01 OVERVIEW初めに

外国人技能実習制度は、中小企業等組合法に準拠し、我が国の優秀な技術、知識を習得させ、帰国後の産業、経済の発展に資する人材育成を目的に設立された制度です。

ミライズは、優秀な技能実習生をご紹介するとともに、企業様と連絡を密にし、送出し機関(相手国)とも連携を取りながら、不要なトラブルを招かないようにしっかりサポートできる体制を整えております。

02 REQUIREMENT技能実習生の要件

  • 18歳以上で技能実習対象となる職種で現在働いていること
  • 技能実習期間終了後、母国にて復職保証されていること
  • 技能実習制度の意義を理解し、実習意欲の高いこと
  • 母国の政府機関又は地方公共団体から、技能実習参加に係る推薦を得られる者
  • 入校前に事前講習を十分実施していること
  • 中学校又はそれ以上の学校を卒業していること
  • 健康で、治療の必要な持病等を有していないこと
  • 技能実習を受けるに足る日本語能力を持つと認められるもの
  • 単純作業ではない職種であること

03 SYSTEM技能実習生制度

技能実習生制度

技能実習1号(1年目)

知識の習得と雇用契約に基づく技能習得活動を行います。

技能実習2号(2、3年目)

技能を習得した者が引き続き技能に習熟するために雇用。
契約に基づいて業務に従事します。

技能実習3号(4、5年目)

一定の基準を満たした優良企業において、更なる技術の向上を目的とし、雇用契約に基づいて業務に従事します。

受入可能人数

常勤職員数受入可能人数
30人以下3人
31人以上40人以下4人
41人以上50人以下5人
51人以上100人以下6人
101人以上200人以下10人
201人以上300人以下15人
301人以上常務職員の20分の1

30人以下の企業の場合

1年目・・・3名
2年目・・・6名
3年目・・・9名

*3年目で9名在籍、以降9名体制となります(※毎年3名ずつ受け入れた場合)
*優良企業においては、受け入れ可能人数は2倍となります。

04 FLOW受け入れまでの流れ

  • STEP01

    ご相談・申し込み


    皆様のご事情に合った受け入れの形を提案ささせていただきます。

  • STEP02

    実習生募集・選考


    皆様の条件に基づいて送り出し機関が実習生候補を選考します。

    現地にて面接、最終選考を行います。

  • STEP03

    技能実習計画認定申請


    外国人技能実習機構に対し、企業様より申請して頂くか、ミライズが取りまとめて申請致します。

  • STEP04

    入管申請


    外国人技能実習機構に対し、企業様より申請して頂くか、ミライズが取りまとめて申請致します。

  • STEP05

    ビザ申請


    ミライズより入国管理局に対し在留資格の認定申請を行います。

  • STEP06

    入国


    入国後に講習を実施し、その後企業様へ配属となります。

CONTACT USお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ >